人気ブログランキング |
蓄音機とSPレコードの専門店 銀座シェルマン アートワークスのブログです
by シェルマンアートワークス
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
当店Webサイト・オンラインショップ
カテゴリ
全体
電蓄・ラジオ
蓄音機
SPレコード
イベント
お知らせ
ミニコンサート
復刻CD
針・その他
関連書籍・資料
ブログパーツ
フォロー中のブログ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...
検索
タグ
(113)
(110)
(36)
(19)
(13)
(7)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

逗子文化プラザにて

来る5月6日(火・祝)神奈川県逗子市の「逗子文化プラザ さざなみホール」にて蓄音器コンサート(主催:ル・コンセール湘南)がおこなわれます。
このイベントにシェルマンも蓄音器とSP盤で協賛させて頂いています。
前売りチケットなどの詳細については
ル・コンセール湘南
TEL・FAX共046(873)8081
受付時間10:00〜20:00

までお問合せ下さい。
逗子文化プラザにて_a0047010_11275910.gif

by shellman78 | 2008-03-24 11:34 | イベント | Trackback

3月のミニSPレコードコンサート

※追記3/18 演目一部変更しました
3月のミニSPコンサートは「女流ヴァイオリニスト特集」です。
主な演目

1.チャールダッシュ(モンティ作曲)
     イヴォンヌ・クルティ 1929年録音

2.ラルゴ/交響曲第9番 新世界より(ドヴォルザーク作曲)
3.夜想曲 第8番 変ニ長調(ショパン作曲)
     ギラ・ブスタボ(1919-2002) 1933年録音

4.アヴェ・マリア(シューベルト作曲)
5.歌の翼に(メンデルスゾーン作曲)
     イダ・ヘンデル(1923-) 1949年録音

6.アンダンテ・カンタビーレ(チャイコフスキ作曲)
     諏訪根自子(1920-) 録音年不詳/1930年代

7.カヴァティナ(ラフ作曲)
     巌本真理(1926-1979) 録音年不詳/1940年代後半

8.ヴァイオリン・ソナティナ ト長調(ドヴォルザーク作曲)
9.ラルゴ/ヴァイオリンと通奏低音のための
  アカデミック・ソナタ第6番より(ヴェラチニ作曲)    
     リリア・ダルボア 1941年録音

10.夜想曲 第19番 ホ短調(ショパン作曲)
11.夜想曲 第20番 嬰ハ短調 遺作(ショパン作曲)
     カミラ・ウイックス(1928-) 録音年不詳/1940年代後半

その他でお送りする予定です。
今回ご案内役は店主磯貝がつとめます。
使用蓄音器未定。

※3月27日現在 3名様分お席に空きが出来ました。
参加ご希望の方はメール又はお電話にてご連絡下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

78rpm@shellman.co.jp
TEL03-3543-4848
営業時間 月〜土曜日AM10:00~PM7:00  定休日 日曜、祝祭日
by shellman78 | 2008-03-15 19:49 | イベント | Trackback

アルド・チッコリーニのSPレコード

ピアノ界の重鎮アルド・チッコリーニ(1925〜)が今年3月に来日公演をします。
レコード棚を探してみたところ、シェルマンにも1組だけレコードがありました。

ソナタト長調L.103 /ニ短調L.58 /ニ長調L.57/
ニ長調L.14/イ長調L.41(D.スカルラッティ)
12インチ2枚組 盤質A- 仏HMV DB-11-242/3 Sold
アルド・チッコリーニのSPレコード_a0047010_1554424.jpg

1950年代の録音。
年代的に考えてチッコリーニのSPレコードは珍しいのではないのでしょうか?
と言うよりSP時代の演奏家がまだ現役で来日すること自体がすごいことですね。

このレコードにご興味の方はお店までメール又はお電話にてお問合せ下さい。
by shellman78 | 2008-03-13 15:52 | SPレコード | Trackback

磨いてます

分解した蓄音器のパーツを磨いています。出来上がりは店頭に展示中です。磨いてます_a0047010_11412512.jpg磨いてます_a0047010_1142170.jpg磨いてます_a0047010_11421358.jpg磨いてます_a0047010_11422677.jpg磨いてます_a0047010_11431698.jpg磨いてます_a0047010_11432853.jpg磨いてます_a0047010_1143437.jpg
by Shellman78 | 2008-03-07 11:53 | 蓄音機 | Trackback

HMV101最終型 赤

下の動画でご紹介しました希少色、赤色のHMV101です(1929年頃:英国グラモフォン社製)
ターンテーブルシートに若干難有ります(ご希望により張り替えも承ります)
また、隅に小キズ、クロスの欠け、金具の錆、ホーン塗装に目立たないキズあります。
また上蓋隅に最初の持ち主のイニシャル、左手前のふちに販売店の箔押しが有ります。
ボディ・ゼンマイモーターは分解整備済みです。ボディはしっかりクリーニングしてありますので見た目も良好です。
HMV.No.4サウンドボックスは剥離したマイカを新品に、経年変化で硬化したガスケットゴムをHMVオリジナルの柔らかいものに交換済みです。センターの処理もオリジナルに準じています。他の101とも違う独特な音の柔らかさが持ち味です。102では刺激的とお考えの方は是非ご検討下さい。

HMV101の最終型はオートストッパー付きです。HMVやビクターの電気録音盤のようにリードアウトがエキセントリック・グルーブになっているレコードでオートストップします。
HMV101最終型 赤_a0047010_11202472.jpg
HMV101最終型 赤_a0047010_11204692.jpg
HMV101最終型 赤_a0047010_11211122.jpg
HMV101最終型 赤_a0047010_11265889.jpg

by Shellman78 | 2008-03-07 11:32 | 蓄音機 | Trackback