人気ブログランキング |
蓄音機とSPレコードの専門店 銀座シェルマン アートワークスのブログです
by シェルマンアートワークス
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
当店Webサイト・オンラインショップ
カテゴリ
全体
電蓄・ラジオ
蓄音機
SPレコード
イベント
お知らせ
ミニコンサート
復刻CD
針・その他
関連書籍・資料
アール・デコ
ブログパーツ
フォロー中のブログ
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
more...
検索
タグ
(174)
(168)
(68)
(44)
(20)
(20)
(11)
(10)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:HMV163 ( 4 ) タグの人気記事

HMV163 その4

HMV163 その4
HMV163 その4_a0047010_22105326.jpg
メーカーのポリシーとして、HMVは顧客が部屋の家具や調度に合わせて選べるように、据え置き型の蓄音機には同じ型番の中にオークとマホガニーの2種類の仕上げを用意していました。また157以上のフロア型は、グリルや前扉のデザインも素材に合わせた様式になっています。(最高級機のみ同一コンポーネントでも仕上げの違いにより型番を分けています)。

素材としてマホガニーの方が若干高価であったためか(マホガニーで家具を揃えられる顧客も相対的に少ない)、マホガニー仕上げのHMV163は生産台数が少ない様で、当店でもあまり入荷いたしません。
オークについては初期型は明るく軽快感のあるライトオーク、後期型は深い色のダークオークになります。
HMV163 その4_a0047010_22111287.jpg
面白いもので同じ盤を掛けても、僅かではありますがマホガニーは柔らかく、ライトオークは軽やかに、ダークオークは重厚に聞こえます。見た目による心理的な影響もあるかとは思いますが、、、。 現在、ライトオークとマホガニーの2台が店頭にございます。

中級以上の本格的な蓄音機をお探しの方にお薦めいたします。

在庫商品については下のリンクをご参照ください
http://www.shellman-aw.co.jp/Site/HMV163O.html
http://www.shellman-aw.co.jp/Site/HMV163M.html

*2020/8/14加筆修正

株式会社シェルマン アートワークス
〒104−0061 東京都中央区銀座3-14-16
TEL.03-3543-4848/FAX.03-3543-4857
E-mail: 78rpm@shellman-aw.co.jp
営業時間:10時-19時
定休日:日曜・祝祭日

by Shellman78 | 2020-08-05 20:45 | 蓄音機 | Trackback

HMV163 その3

HMV163 その3
HMV163 その3_a0047010_21424532.jpg
肝心の再生音ですが、繊細なサウンドボックスと十分に大きなホーンを持つためか、音の空間が広く感じられます。オフマイク気味な録音の空気感を再現できる数少ない蓄音機でしょう。クセがなく、飽きのこないバランスの良さを持ち味としており、買い替えをせずに長くお使いになる方が多いのも納得させられます。
HMV163 その3_a0047010_22011695.jpg
ホーンの幅はクレデンザとさほど変わらないにもかかわらず、マンションでも邪魔にならないサイズで、本格的なオーディオと並べても見劣りしない存在感があり、しっかりと腰を据えてレコードと向き合う聴き方にはぴったりな一台です。

在庫商品については下のリンクをご参照ください
http://www.shellman-aw.co.jp/Site/HMV163O.html



株式会社シェルマン アートワークス
〒104−0061 東京都中央区銀座3-14-16
TEL.03-3543-4848/FAX.03-3543-4857
E-mail: 78rpm@shellman-aw.co.jp
営業時間:10時-19時
定休日:日曜・祝祭日

by Shellman78 | 2020-08-04 21:12 | 蓄音機 | Trackback

HMV163 その2


HMV163 その2
HMV163 その2_a0047010_21423898.jpg

HMV蓄音機の美点は、オーソドックスを極めている、という点ではないでしょうか。
機械部分については高い製造品質とともに当時の先進工業国として「機械の時代」をリードした英国らしい機能的で洗練された設計を、またキャビネットの端正なフォルムと調度品と言うべき丁寧な仕上げは伝統的英国の職人わざが感じられます。トーンアームに触れ、ゼンマイを一巻きし、側面を軽く叩いただけでその全てが伝わります。とても使いやすく、手に馴染むのです。
HMV163 その2_a0047010_21432138.jpg

駆動部は強く安定した回転で定評のあるHMV32型2丁ゼンマイモーター、サウンドボックスはジュラルミン製振動板をもつHMV No.5Aを備えています。
HMV163 その2_a0047010_22010666.jpg

在庫商品については下のリンクをご参照ください
http://www.shellman-aw.co.jp/Site/HMV163O.html



株式会社シェルマン アートワークス
〒104−0061 東京都中央区銀座3-14-16
TEL.03-3543-4848/FAX.03-3543-4857
E-mail: 78rpm@shellman-aw.co.jp
営業時間:10時-19時
定休日:日曜・祝祭日

by Shellman78 | 2020-08-04 18:05 | 蓄音機 | Trackback

HMV163 その1

HMV163 その1
HMV163 その1_a0047010_21420715.jpg
1920年代末〜30年代初頭の10年間は蓄音器の最後の黄金時代とも呼ばれます。この時代の蓄音器は新しい素材や科学的な設計手法を取り入れて、それまでとは一線を画す性能を実現しました。

*「新型」蓄音機については米ビクター社のクレデンザについての記事
https://gramophone.exblog.jp/238468366/
をご参照ください

 1927年冬にデビューしたHMV163はその黄金時代を代表する「新型」蓄音器のひとつで、本格的なリエントラントホーンを内蔵した高性能蓄音器です。
英国グラモフォン社(現在のEMI)は米グラモフォン(のちの米ビクター社)の英国法人としてスタートし、当時世界随一の品質を誇った蓄音器のトップメーカーでした。

*幅、奥行き、高さ 55×53×99cm

在庫商品については下のリンクをご参照ください
http://www.shellman-aw.co.jp/Site/HMV163O.html


by Shellman78 | 2020-08-03 21:54 | 蓄音機 | Trackback